スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nikon 1 J1の不思議

引き続きNikon 1の話です。

J1とV1という2種類のラインナップなんですが、よくよく考えると不思議に
感じることがあります。

それは・・・・J1にはメカニカルシャッターが無いこと。
これ不思議ですよね。普通のコンデジでもメカニカルシャッターが付いてるのに。
シャッターのない静止画用カメラは、おそらくこれが初めてじゃないでしょうか。
動画とかハイスピード撮影ではメカシャッターを使わないこともありますが。
Qについても、ちゃんとしたレンズはシャッター付きです。
ところが、J1については、全くシャッターが介在しません。

いままで、メカシャッターを使わず電子シャッターで撮影するといわゆる
「こんにゃく化現象」がでるものという固定観念がありますが、J1はコンニャク
まみれの画像を量産するんでしょうか。

そんなことをニコンがするんでしょうか。

いいやするはずがない(^^)<反語的表現。我ながらニコンを信じてますねえ。

そこで、思い当たるのが、今回のイメージャのサイズと画素数です。
つまり、こんにゃく化現象というのは、イメージャからのデータの読み出しが
シーケンシャルに行われる際のタイムラグが引き起こしているわけですが、
これが、我慢できる程度に高速化されたということじゃないかと思うわけです。
グローバルシャッターのような全画素同時読みだしまではいけないが、ある程度の
ところまでは行けた・・・・だから製品化した。と読んでみました。

基本的にフォーカルプレーンシャッターでもフラッシュシンクロ速度を超えると
シャッターは隙間を作って上から下に露光するために、厳密にはわずかな
こんにゃく化現象を発生します。フィルムカメラ時代に経験された方も多いと
思います。
ということは、こんにゃく化現象はどのみち無くせない、だから、我慢できる
ところに納まれば良いのではないかと思ったんじゃないでしょうか。

そうだとすると、逆にV1(メカシャッター)は要らないんじゃないか・・・・という
妄想まで湧いてくるわけです。
もちろん機能的にはV1の方がずっと上ですから、存在価値はありますが。

レビューが楽しみですね・・・こんにゃく出まくりだったりして(^^)

<追加1>
価格コムを見ていたら、実機の連射時の液晶の見え方についての記述がありました。
それによれば、既存のミラーレスと違いある程度なめらかとのこと。
やっぱりニコンは使えるレベルを知っていて、それが達成されるまで出さないようで
ニコンファンとしてはうれしい。ちなみに私は全てのカメラメーカーのファンでも
ありますが。
なんにしても、AFとファインダーは動態が撮れる素質があるような気がしてきました。
パスト連射機能もありますしね。
</追加1>

<追加2>
価格コムでのネガティブなコメントは相変わらず続いていますね。
ただ、NEXの人とm43の人がきっちり食い付いているだけみたい。
いままで叩かれたから叩き返しているようで、見ているほうは痛さしか
感じませんが。
なかよくやればいいのにね。
</追加2>


スポンサーサイト

テーマ : その他
ジャンル : その他

コメント

非公開コメント

borgアイコン

人気ブログランキングへ



BS blog Ranking

最近の記事+コメント
全記事リスト表示

全ての記事を表示する

リンク
カテゴリ
プロフィール

水森甲介

Author:水森甲介
「普通の鳥」専門です。
カメラ:
Nikon D300・D80
EOS 40D・KissDx
OlympusE410
Panasonic DMC-G1
Casio EX-FC150
レンズ:
BORG 100ED・76ED・45ED2
Nikon ED3A(レンズのみ)

QRコード
QRコード
検索フォーム
GBGロゴ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。