スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホオジロ FC150デジスコの領域へ

ホオジロ0122
BORG100ED+ACNo.2+FC150MF直焦点 ノートリ 900×675Pixel

今回はFC150とBORG100EDを組合わせて撮影しました。
換算焦点距離は、約3000mmでレンズの明るさはF5.1です。

ここまでの長焦点はどうしてもデジタル一眼では無理で、
デジスコの領域だと思いますが、
FC150の小さなイメージャでは、結構簡単に可能となります。

問題は画質ですが、正直あまり良くありません。
ブレの問題やピンぼけの問題もありますので簡単には結論を
出せませんが、私の100EDは個体差もあるのでしょうが、
ここまでのイメージャの画素ピッチには対応できていないような気がします。

次回は76EDとの組合わせを考えています。
私の持っている76EDと100EDは、解像度では76EDのほうが
勝っていますので、ある程度期待は出来ると思います。

BORG76ED+FC150MF直焦点でだいたい3000mm程度になりますので
比較してみたいと思います。


↓はジョウビタキの口をパクパクするシーンですが、以前、虫を捕ってる
などと書いてしまいましたが、どうやら逆に何かを吐きだしているようです。
すみません。m(_ _)m

ジョウビタキ0122
BORG100ED+ACNo.2+FC150MF直焦点 ノートリ 900×675Pixel
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

スズメ FC150MF回帰2

スズメ0122
BORG45ED2+FC150MF直焦点 50%トリミング 900×675Pixel

オオジュリンを見に行きましたが、一瞬しか見ることができず撮影できませんでした。
ただ、まだ居てくれることが分っただけでも収穫でした。

で、写真はスズメです。
スズメがもし、たくさん居なかったら、結構写真写りが良いので、
人気が出てたかも知れません。

FC150MF直焦点ですが、ピントの山が分ってきたなどと偉そうなことを
書いてしまいましたが、MFのしやすさはレンズにより変化すると言うことを
忘れていました。

いままで、F2.8のレンズをF4で使っていたため、ピントが分りやすかったようです。

今回、BORG45ED2+FC150MF直焦点の組合わせで撮影しましたが、
換算焦点距離は約1900mmと長くなりましたが、F値は7.2と暗くなってしまい、
ピントが合っていると感じる範囲が広くなってしまいました。

ていうか、これこそAF化した理由だったんじゃないの・・・・・思わず自分に突っ込みを。

しかし、今回はめげません。なんとかMFのコツを体得したいと思います。
・・・・すぐにAFレンズ貼付けたりして・・・(^^;)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ジョウビタキ FC150飛出し

ジョビ1

ジョビ2

ジョビ3

ジョビ4

ジョビ5

ジョビ6

ジョビ7

ジョビ8
AiAF NIKKOR 80~200 F2.8ED(200mmF4で使用)+FC150MF直焦点 ノートリ 900×675Pixel
ISO200 SS1/3200sec HS連写(40コマ/sec) 20コマ保存 -2/3EV露出補正

ジョウビタキです。
このフィールドでは見慣れた鳥ですが、羽を広げた姿は新鮮に感じました。
今回はなんと8コマ連続UPです。(^^)

残念なのはやはり4コマ目のローリングシャッターによる変形。
一眼レフでも、高速シャッターはスリットの移動で実現しているわけですから
同じといえば同じなのでしょうが、FC150は目立ちますね。
一眼レフはシャッター幕の速度が速いのかな。

おもしろいのは、ジョウビタキも羽ばたきサイクルが2/40secということ。
ホオジロと同じです。鳥の世界で決っているのかなと思いますね。(^^)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カルガモ FC150 MF回帰

カルガモ0120
AiAF NIKKOR 80~200 F2.8ED(200mmF4で使用)+FC150MF直焦点 ノートリ 900×675Pixel

FC150の2台目を直焦点改造しました。
今回はAFレンズを敢て付けずに、マニュアルフォーカスで運用するつもりです。

これにより、私の持っている直焦点改造したFCシリーズは
FC100AF直焦点(マスターレンズの約4.8倍の焦点距離)
FC150AF直焦点(マスターレンズの約4.3倍の焦点距離)
FC150MF直焦点(マスターレンズの約5.8倍の焦点距離)
の3台となりました。

目にピントが欲しい時などに、調整のためにAF合焦後にMFを使用することが
増えてきたために、MFのみでも結構いけるんじゃないかなと思い始めたのが
キッカケです。

実際、FC100からFC150へとFCシリーズを長いこと使っていると、
なんとなく画素数の少ない背面液晶でもピントの山が分ってきました。

それにレデューサーとして働くAFレンズを付けない事により焦点距離を
稼げることもメリットです。
逆に明るさ的には1段暗くなりますが。

ということで、AF改造されたものはSSが必要な飛出し撮影に使用し、
AF改造していないものは、三脚に乗せてトマリモノ用に、
FC100についてはムービー用に使っていこうと思っています。

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

borgアイコン

人気ブログランキングへ



BS blog Ranking

最近の記事+コメント
全記事リスト表示

全ての記事を表示する

リンク
カテゴリ
プロフィール

水森甲介

Author:水森甲介
「普通の鳥」専門です。
カメラ:
Nikon D300・D80
EOS 40D・KissDx
OlympusE410
Panasonic DMC-G1
Casio EX-FC150
レンズ:
BORG 100ED・76ED・45ED2
Nikon ED3A(レンズのみ)

QRコード
QRコード
検索フォーム
GBGロゴ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。