スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カルガモ 水の色

2010082301
ノートリ:BORG45ED2+ACNo.2+FC150AF直焦点(約1000mm)


水が適度に波立つと、きれいな模様になりますね。
私はいままでの撮影傾向を見ると、水鳥が好きらしいのですが、
それは一緒に写る水のきれいさ、おもしろさに惹かれているように思います。

上の画はFC150AF直焦点で撮影しました。
これだけ見れば、FC150もいいじゃない・・・と思うところですが・・・

2010082302
ノートリ:SIGMA70-300DL改造(BORG100ED)+KDX(約640mm)

100ED+KDXで撮影すると、メリハリが違いました。
カメラの設定の問題かも知れませんが、やはりデジイチの方が、全てにおいて
余裕があるように感じますね。


こちらはFC150で撮影したカイツブリのヒナ(若?)です。
連写で10枚撮影した中で、一番解像感が有るものをUPしました。
お手軽超望遠としては十分だと思います。

2010082303
ノートリ:BORG45ED2+ACNo.2+FC150AF直焦点(約1000mm)

カイツブリ3
等倍トリミング(このままで等倍)

等倍はやはりキビシイです。塗絵の感じが目立ちますね。(^^;)
ま、参考までに。

これぐらいがちょうど良いところでしょうか。
約50%トリミング→リサイズ→シャープネス

カイツブリ2




それにしても暑いですね。
鳥がなかなか見つかりません・・・・ずーっと前から同じことを言っているような(^^;)
ブログにUPする画がなくて困りますね。


スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

FC150AF直焦点(1000mm)試撮影

こちらは今日は曇り空で蒸暑いです。
撮影しようにも被写体がなかなか見つからない状態。

そんな中、ハクセキレイが来てくれましたので、撮影しましたが、
曇り空のため、コントラストも低く、バックも良くありませんでしたので、
結局、FC150AF直焦点(1000mm)の試し撮影になってしまいました。(^^;)

2枚ともクリックすると等倍表示になります。
もうちょっとメリハリのでる光だと良かったのですが、等倍でこれくらいなら
まあまあ納得というところです。基準が低いかも(^^;)

セキレイ081902

セキレイ081903

ハクセキレイに比べて、ビニールシートや地面のコケのようなものの描写は
悪くないと思いますので、やっぱり鳥をきれいに撮るのは難しいものだと
再認識した次第です。

それでもFC150の1/2.3型1000万画素の豆粒みたいな小さなC-MOSで、なんとか撮影
出来るということには本当に感心しますけどね。(^^)
(撮影はHSモードですので900万画素です。)

サンプル追加

コサギです。
コサギ981901
ノートリ

コサギ981902
クリックで等倍

真っ白な鳥はキビシイですね。へんな色になってしまいます。
等倍の解像感もまさにギリギリという感じです。
カルガモとかスズメとかだと目立たないと思うのですが。(^^;)

機材:BORG45ED2+ACNo.2+FC150AF直焦点(換算約1000mm)



ニコンがD3100を発表しました。
1400万画素、フルHD(24FPS)、ムービー撮影中もAFが機能する、だそうです。
入門機の位置づけなのになんなのこれは・・・
D70、D80、D300と高値で買ってきた私には信じられない。

こうなると当然D300の後継機のスペックが気になります。
EOS7Dの1800万画素に対抗するんでしょうね。

今後いったいどこまで行くのでしょうか?
物理的にはFC150のドットピッチまでは行くような気もしますが。
一体どんな画素数になるのやら。

CANON機では我慢できましたが、ニコン機だと危ないですね。
ていうか、今や叩き売り状態のD3000のダブルズームキットもオイシイし・・・
おーっと、ヤバい、ヤバい(^^;)

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コサギとアオサギ 人工物をバックに

コサギ0817
ノートリ:コサギが結構大きな魚をくわえています。


MFは住宅地を流れる小川ですので、普通に撮影すれば、ほぼ間違いなくバックは
建物などの人工物になります。

いつもはそういったものが目立たないカットを選ぶのですが、今回はあえてありのままの
状態で撮影したものをUPしてみます。


アオサギ081701
ノートリ:背中にピントが来てます。かなりピントが薄いです。

アオサギ08170
ノートリ

こんな場所ですが、カワセミもいますし、コチドリやイソシギも見ることが出来ます。
片田舎ということですが。(^^)

ブログを始めて約1年・・・・
鳥撮りを通じて、そういう鳥たちを観察できたことは、とても興味深いことでしたし、
なにより四季の移り変りを肌で感じられたのは日本人として嬉しいことでした。

機材:BORG45ED2+ACNo.2+FC150AF直焦点(約1000mm)



先日、私がよく見させていただいている「とほ・ほ・・ほと@Blog:author花助さん」に、
拙ブログへのリンクがあることを発見しました。
Black Label byあきGG:authorあきGGさん」の時も迂闊ながら後で知りました。
失礼をお詫びするとともに、感謝の意を表したいと思います。<硬い文章(^^;)

もし「私のブログのリンクを貼ってやっても良いよ」という方がお見えでしたら
いつでも結構ですので、ぜひとも私にコメントをお願いします。
片道ではあまりにも申し訳なくて恐縮してしまいます。
よろしくお願いいたします。m(_ _)m

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

FC150AF直焦点(1000mm)vsSIGMA70-300DL改造

「BORG45ED2+ACNo.2+FC150AF直焦点(約1000mm) vs SIGMA70-300DL改造(BORG100ED)+KDX」です。
FC150には不利な戦いですが・・・・。

鳥が見つかりませんでしたので、ハスの花で比較してみました。

ハス081701
ノートリ:BORG45ED2+ACNo.2+FC150AF直焦点(約1000mm)

ハス081702
ノートリ:SIGMA70-300DL改造(BORG100ED)+KDX(約640mm)


当然と言えば当然ですが、SIGMA70-300DL改造(BORG100ED)+KDXのほうがキレが
あります。カメラのシャープネス設定がKDXは最大の「7」、FC150の方はデフォルトの
「0」というのも有るかも知れません。

感度とSSは、KDXがISO400で1/1250sec、FC150がISO200で1/800secでした。
ということは・・・FC150のほうが明るいですね。
KDXのほうが、約F4(計算上)ですので、FC150はF3.5位でしょうか。・・・これは凄い。

と思いましたが、KDXのハスの方が多少明るく写っているようですので、
まあざっくり互角というとこでしょうか。
単純にFC150の方の口径比を計算してみるとF3.78となりました。(実焦点距離170mm/口径45mm)


ハス081703
ノートリ:BORG45ED2+ACNo.2+FC150AF直焦点(約1000mm)SSは1/2500sec。

ハス081704
ノートリ:SIGMA70-300DL改造(BORG100ED)+KDX(約640mm)SSは上限の1/4000secでした。

ハス081705
等倍トリミング(クリックで200%):BORG45ED2+ACNo.2+FC150AF直焦点(約1000mm)

ハス081706
等倍トリミング(クリックで200%):SIGMA70-300DL改造(BORG100ED)+KDX(約640mm)


周辺の画質を向上させるために、FC150のAFレンズを、多少焦点距離が長めのもの
に換装しました。
試し撮影の結果、私の許容範囲に収りましたので、良しとします。

久しぶりに使っているFC150AF直焦点ですが、AFするときのクセを
忘れていたため、ちょっとピンぼけの写真を連発してしまいました。
FC150のピント合せは、ドローチューブで少し遠目にピントを手動で合わせ、
それからシャッターを半押しするのが正解です。
・・・・自分が忘れないために書いておきました。(^^;)


テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

FC150AF直焦点 再開

今日は私のお盆休みの最終日。
天気も良く鳥撮りに行きたいと思っています。
ただ、MFも見てきましたが、鳥がいないですね。

そんなわけで、鳥撮りに対するモチベーションは正直言って下がっています。
・・・暑いですしね(^^;)

そんなときの人間(私限定?)とは、おかしなものですね。
鳥撮りするのなら先日紹介した3システムのどれかを使えばいいのですが、
もう手を加える必要がないと思うと、また違うことに手を出してしまう・・・
・・・改造マニアなら分ると思いますけど(^^;)

そこでいままで放り出していたFC150の出番がやってきました。

今回は珍しく改造のコンセプトがあります。
「手持が出来る換算焦点距離(1000mm程度)で、小さく、軽く、明るく」です。
SIGMA70-300DL改造(BORG100ED)で小ささ・軽さ・明るさの恩恵を十分味わいましたので、
それをFC150でもやってみようと言うことです。

その方針にのっとり、前玉をBORG45ED2、レデューサーとしてACクローズアップ2番を
使うことにしました。

私のFC150AF直焦点改造機は、前に付けるレンズの約5倍の換算焦点距離になりますので、
45ED2の325mmの実焦点距離を200mm以下にレデュースすることになります。

出来るだけ対物レンズとクローズアップレンズを近づけて、
適当に換算1000mmくらいになるように現場合わせしました。


そんな感じで出来たのがこれです。ソニーのNEX?

機材FC15002

機材FC15003

機材FC15001

これでも換算焦点距離1000mm強です。
非常に軽いし、コンパクトです。

クローズアップNO.2は真ん中よりちょっと前に仕込んであります。
(根本の方に見えるクローズアップNO.5は玉抜きしてあります)
いつもの自販機での試し撮影ではまあまあの解像感が出ていました。
45ED2なら直焦点でも問題有りませんので、当然と言えば当然ですが。

おおまかな合焦装置は、ミニミニドロチューブのみです。
シンプルこの上ない。(^^;)

ちょっと近場で撮影してみました。

コサギ081602
コサギ:ノートリ 

なぜか右下が赤っぽくなりました。何らかの収差でしょうか。
白いものじゃなければ、ほとんど分らないんですけどね。

カルガモ081601
カルガモ:ノートリ

カルガモ081602
上記の等倍トリミング(このままで等倍)

この撮影の時は露出補正をかけていませんでしたので、白飛びしています。
-2/3EVで撮影していれば、もう少し細部が出るとは思います。


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

borgアイコン

人気ブログランキングへ



BS blog Ranking

最近の記事+コメント
全記事リスト表示

全ての記事を表示する

リンク
カテゴリ
プロフィール

水森甲介

Author:水森甲介
「普通の鳥」専門です。
カメラ:
Nikon D300・D80
EOS 40D・KissDx
OlympusE410
Panasonic DMC-G1
Casio EX-FC150
レンズ:
BORG 100ED・76ED・45ED2
Nikon ED3A(レンズのみ)

QRコード
QRコード
検索フォーム
GBGロゴ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。